カタログデザインのポイントとは


カタログデザインを作る際、幾つかのポイントを意識して制作することでより多くの人に注目をしてもらえる、興味を持ってもらえるものになります。 最も重要なこととしては製品の最も主張したい目的とそのターゲットが誰かを把握しアウトプットする、同時に共有する点にあります。最終的なラインを定めてはっきりとさせておく事で曖昧な状態にならず、同時にただの情報の羅列になることを防ぎただの資料ではなく見やすいカタログデザインになります。同時に複数のアピールを行う場合でも優先順位を定めることでページの割合などを判断できるようになるため、作業そのものの効率を上げることにもつながります。この際目的を箇条書きにしておくことで絞込みを行いやすくなると言うメリットも産まれます。 ターゲットを把握することも重要で、お客様が何も知らないのかある程度知識があるかで掲載する内容が異なります。購入する層に応じて必要な情報を使い分け、認識や情報の整理を行うと同時に社内で打ち合わせを行うことでより判りやすいものが出来上がります。 実際にカタログデザインを作る上でのポイントは何よりも見やすい点にあります。情報を詰め込むだけでは文字が過剰になるため敬遠されやすくなるため、画像やスペースを意識した配置を行います。最も目に留まりやすい場所にキャッチコピーを配置することやセールスポイントを端的に伝えることで相手に興味を持ってもらいやすく商品を見てもらえるといったメリットがあります。この際にも目的とターゲットがはっきりしているとレイアウトやデザインが固めやすくなります。